「ブリーチなし」ってワード

札幌の美容室でフリーランス美容師していますTOKUです。

いつもいつも思うことがあります。

カウンセリング時に仕上がりのイメージ共有の際、よくあるのがイメージ写真での共有。

こんな感じで、と。

それがだいたいはインスタグラムの写真なのですが、「ブリーチなし」と書かれていることが多いのですよね。

それは全然いいんです。

ブリーチなしで出来る髪質もあればできない髪質もある。

現在1度のカラーで出来る状態もあれば、今は出来ないけど計画的にカラーしていくと今後出来るようになる場合もある。

そんな感じでご提案して、なにも問題はないのですが、

ブリーチあり、ブリーチなしって

ブリーチ=悪

に聞こえるんですよね。

よりブリーチへの抵抗ができてしまった感じです。

お客様側からのブリーチの不安要素として、

極度のダメージ、色落ち、

だと思うんですけど、それを覆せている現状とこれからブリーチは気軽にするようになってくる気がします。

ブリーチは、使い手によっては本当に傷まない、むしろ癖毛が伸びたり、艶々な髪質になったりとメリットの方が多いと思っています。

従来のやり方では確実に傷みますが、傷ませないでブリーチをしていく方法は実在します。

当然色味も綺麗に入ります。

色落ちに関しては早いかもしれません。

しかしそこが不安なお客様には色素をしっかり残すように施術することも可能です。

 

もちろんお断りするブリーチ施術もあります。

カラーやブリーチは計画的にやりましょう。

1度行って、1度で思い通りになる、はリスクが大きいことなんですよね。

まずはご相談下さい。

 

札幌美容室 フリーランス美容師 TOKU

 

友だち追加

関連記事

  1. 【冬髪イチオシの艶髪は〇〇】

  2. どのくらいの頻度でカラーしたらいいの??

  3. どんどん撮影したいなあ

  4. 一度はチャレンジしてみたい今年大人気○○のご紹介。

  5. 札幌でもバレイヤージュ出来ます。

  6. 黒染めのときこそ美容室へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。