髪がダメージする最大原因。

札幌の美容室でフリーランス美容師をしていますTOKUです。

前回の記事の続きのようなお話を。

僕のブリーチは全然ダメージしないっていうお話でした。

そして僕が考える髪がダメージに繋がる原因の候補をあげます。

1 従来のやり方によるブリーチ

1度に抜ききる力は強いですが髪への負担は大きいです。

2 パーマ

パーマは結合を外してしまうので、、ブリーチよりも傷むと考えています。

3 縮毛矯正

熱処理によるたんぱく質変性は一見ダメージを感じづらいですが、カラーなどの仕上がりにも影響するぐらい負担がかかっています。

サロンでの主なダメージはこの3つかと。

あとは御自宅での過ごし方でダメージになっていることが多いです。

要は、ブリーチ、パーマ、縮毛矯正をしていない方は御自宅でダメージしている可能性が高いです。

1 髪が濡れているままの状態が5分以上経っている

これは指通りが悪くなる1番の原因です。

髪の毛の引っ掛かりなどを感じる方は、ドライヤーするまでに時間がかかってる方がほとんどです。

2 洗浄力の強いシャンプーを使っている。

実際には、美容室のカラーよりも髪のダメージになるのが毎日使うシャンプー。

市販で出回っているほとんどが洗浄力が強すぎて髪の毛を傷ませてしまいます。

実感湧かないかと思いますが、試す方法があります。

お風呂やトイレのマジックリンの代わりにシャンプーで、食器洗いのジョイくんの代わりにシャンプーでやってみると、シャンプーがいちばん汚れを落としてくれることがわかるかと思います。

 

なので髪の毛を綺麗にしたいのであれば、

1 信頼できる美容師さんに担当してもらう。

2 お風呂上がりは櫛で梳かしすぐ乾かす。

3 毎日使うシャンプーを見直す。

 

ざっくりとですが、ダメージの原因は意外にも美容室での施術よりもご自宅に帰られてからのことが多いです。

もちろん美容室でのダメージに繋がる施術も避けるように信頼できる美容師さんにお願いするのがいいでしょう。

どんなにお洒落な髪型や良いカラーでも、髪が綺麗でないと僕は満足できないです。。

髪が綺麗を大前提にカットやヘアカラー、パーマの選択肢でお洒落にしています。

 

いつでもご相談下さい。

 

札幌美容室 フリーランスTOKU

友だち追加

関連記事

  1. THROWというカラー、知ってますか?

  2. ご卒業された学生の皆様☆おめでとうございます♪

  3. 2年振りくらいかな?専門の頃の友達

  4. 色落ちは楽しむ

  5. カラーが理想の色にならない方へ。美容師さんに伝える際のカラー…

  6. 女性にとって《艶》は大前提✳︎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。