ヘアカラー写真を撮るときは〇〇を意識すると綺麗にとれる!!

札幌の美容室でフリーランス美容師していますTOKUです。

今回はタイトルにもあるように、写真を撮るときにヘアカラーの色味を綺麗に映す方法のひとつをお伝えします。

インスタグラム、ブログ、ツイッターなど、お客様の仕上がりの写真を撮ってSNSに投稿することは、美容師のひとつの仕事のようになっています。

いや実際には続いてる人って仕事って感覚ないですよね!

趣味というかコレクションというか自己満笑笑

まあ発信というものは自己満です。

それが誰かの役に立つ仕事ととして成り立っているのが今の時代の特徴ですね!

ではそのSNSに載せる際の写真でどうすればヘアカラーが綺麗に映るのか。

それは、

カメラのレンズへの光の入り方と光の量です。

 

わかりやすいのが、セット面で直接髪を触って見た色と鏡を通して見るカラーの色って違う色に見えませんか?

それは鏡に光が反射しているからです。

 

その為、透明感を感じられたり色味が綺麗に映ります。

それを応用にカメラで写真を撮るときは、

カメラの位置や向き、角度を変えて光の入り方、入る量を調節すると綺麗に撮れるようになります。

 

次の2枚の写真はどちらもブリーチ毛6レベルラベンダーの同じ方の写真です。

 

この写真は丁度良く光を取り込みながら撮りました。

 

こちらの写真は光をたくさん取り込んで撮りました。

どちらも同じiPhoneで撮ったのですが全然違って見えますよね!

今はこういうことも踏まえてカウンセリングをしてなりたい色味を共有するようにしています。

室内で見たときと外で見たときは本当違ってきます!

光がなければ色というものはないですからね!無色なんです!

色んな光が物に反射して色として見えてくるんです。

面白いですよね!

そんな感じでカラー楽しんでます笑

月曜日空いてますのでご連絡お待ちしております。

 

札幌フリーランス美容師TOKU

 

友だち追加

関連記事

  1. 髪のもつれ、絡まりがひどい人におすすめなブラシ。

  2. 【周りと差をつける秋冬の〇〇カラー】

  3. 寝坊して遅刻しました。。

  4. え?!?!

  5. えんとつ町のプペルを映画で見たい、、

  6. 夏の体調不良にはお気をつけ下さい。。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。