カラー実験をやってみた

大好評中のTHROWカラーで実験してみました。

お客様とのカウンセリング中、

「こんな色にしてください」

と写真を見せて頂くことが多々あります。

その解答として多いのが、

「1度のカラーだとここまではならないんですけど、近づけることはできますし、次回の2回目はもっと近い感じにもっていけます」

という、やってあげたいけれど、1度のカラーだと厳しいという僕たち美容師自体ももどかしくなるときがあります。

なので、その違いの、

ブリーチonカラーをしたとき、

ブリーチをしないでダブルカラーをしたとき、

1回のみカラーしたとき、

実験をしてみました。

カラーの特徴として、

明るい色ほど色味が薄い

暗い色ほど色味が濃い

というのがあります。

高明度は低彩度

低明度は高彩度

明るくするときははっきりとした色味が出ない、

暗くするときはしっかり色味がでる、

それを考えてみてみて下さい。

まずは3本の毛束を用意します

色が抜けてるアンダー8レベルです

image

左はブリーチ

真ん中はカラー剤でアッシュの14レベル

 

image

image

20分放置流し

image

ここから今回はこの色を入れていきます。

image

1回のカラーで右側の毛束はどのくらい色味がでるのか、

ブリーチ、ブリーチをしないで明るくした左と真ん中は、

右と比べてどのくらい色味が入るのか、

さあ、いきましょう。

image

 

20分放置流し

仕上がりがこちら

 

image

 

毛束だからわかりづらいかなと思ったのですが結構差が出ました!

右側の1回のカラーに比べて、ブリーチした左側とカラーで明るくした真ん中は透け感が!!

これをお客様にやるとなると髪の毛全体になるのでもっとわかりやすいほど差が出るんです。

札幌でTHROWカラーするなら、お任せ下さい。

 

友だち追加

関連記事

  1. 髪を切ると運気が上がる?!

  2. こんな姿も見れるかもしれません。

  3. 実は男性のお客様も多い!!

  4. 火曜日は定休日ですが、

  5. 色々カラー剤出てきてるけど、結果染め手の影響が大きい

  6. 月1回来てくれる恵庭の友達

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。